今日で・・・




9月も終わり、もうあと3ヶ月で今年の締めくくりも近くなってきました。
今日は寂しいニュースもあり、なんだか気持ちは下降気味。
私が就農以来8年間お世話になった、飼料メーカーの営業の方が家庭の事情で退職され、故郷へ戻られるとの事。
なんだかんだお世話になりっぱなしでした。
この営業マンがいなければ、ヨーロッパへ一週間の研修も行けなかっただろうし、妊娠鑑定も再発情を確認するだけでエコーで確認するような事もしていなかったし、ひょっとしたらまだ飼料を自家配合していて配合飼料を買っていなかったかもしれない。親身に相談に乗っていただいたし、無理な注文にも対応して貰っていた。
本当に心から感謝しています。有難うございました。

本格的に・・・




本格的に朝晩涼しくなってきました。もう夏服では風邪をひきそう。
分娩舎の子豚達もきちんと温度管理をしないと、下痢をしたり弱くなってしまうのでこれから徐々に冬の支度を始めます。
ついこの前まで暑さ対策をしていたはずなのに・・・一年のスピードが年々速くなっている気がします。

久しぶりの・・・




久しぶりの更新ですいません。
地元の祭りや会議が重なって、毎日忙しかったです。(言い訳か・・・)
今日は種豚の採血がありました。
どの豚にどんな病気が感染しているか、検査する為です。
今までの採血は数頭を選んでやっていましたが、今回は種豚全頭・・・結構な数です。でも種付け直後や、授乳中の母豚はやりませんでした。
獣医師とJA職員、家畜保健所の職員が来て3時間くらい掛かりました。
あ〜疲れた。

勉強会・・・

今日は午後から、湖西市のJAとぴあ湖西地区支店でブタの病気の勉強会があり、私も行ってきました。
それにしても湖西は意外と遠い・・・車で一時間弱かかります。
勉強会の内容は、PCV2(サーコウイルス)についてです。
日本国内でも九州や関東では大問題になっており、多い所では事故率が50%台の農場もあるそうです。
今年に入って日本でもやっとワクチンの認可が下りて、使っている農場も増えてきているそうです。
まだまだ未知数の部分が多い病気ですが、国内のブタの95%近くが感染しているとか。もちろん人畜共通伝染病ではないので人間がその豚に触れても、食べても問題はありません。
今後当農場も検査をして獣医の先生と慎重に相談しながら、しワクチネーションを考えなければと改めて感じました。
普段は日常の作業に追われてしまいがちですが、こういう機会は大いに刺激になるし、知識も得られるのでこれからも定期的に参加したいと思います。

この時期は・・・




毎年の事ですが、この時期は堆肥の配達が忙しくなります。
収穫の秋が終わり、次の土作りがすぐ始まります。
最近は化成肥料から有機肥料への需要が高まっているように感じます。
リン、カリが中国の四川大地震で不足しているとか・・・そのため肥料の値段も倍以上に上がっているそうです。
当農場の堆肥も今堆肥舎にある堆肥は全て行き先が決まっています。
これから畜産の副産物である糞尿は単なる肥料としてだけでなくメタンガスなどエネルギーになる資源として、地域に上手く還元されるようなシステムができれば良いんですが。
食糧であるはずのトウモロコシやサトウキビをエネルギー化するよりもそのほうが環境的にも国際的にも良いと思います。

HOME | NEXT ≫

Calendar

PREV≪  2008-09  ≫NEXT
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
  

Advertisements


静岡県西部(遠州地方)はもともと黒豚の産地でした。 黒豚の故郷をもう一度!!と夢見ています。 お問い合わせは・・・ morishimafarm@nifty.com までお願いします。